ふっとばせばええやん。Netflix「6アンダーグラウンド」ネタバレ感想

こんばんは、Novtakaです。

今日はNetflix「6アンダーグラウンド」ネタバレ感想について書きます!

あらすじ

「トランスフォーマー」「バッドボーイズ」シリーズをはじめ、「アルマゲドン」「パール・ハーバー」など数々のアクション超大作を手がけてきたマイケル・ベイ監督によるNetflix映画。世界随一のスキルを持ち、過去を消して未来を変えたいと願っている男女6人のスペシャリストたちで結成されたクセ者チームが挑むミッションを、マイケル・ベイ十八番のド派手なカーチェイスやスリリングな銃撃戦を交えて痛快に描くアクション。チームのリーダーを「デッドプール」のライアン・レイノルズが演じ、「グランド・イリュージョン」のデイブ・フランコ、メラニー・ロラン、「ボヘミアン・ラプソディ」のベン・ハーディらが共演。脚本も「デッドプール」のポール・ワーニック&レット・リースが手がけた。Netflixで2019年12月13日から配信。

出典元:https://eiga.com/movie/90307/

概要

原題:6 Underground
制作国:アメリカ
制作年度:2019年
上映時間:127分
監督:マイケル・ベイ
出演:
ライアン・レイノルズ(ワン)
メラニー・ロラン(トゥー)
コーリー・ホーキンズ(セブン)
アドリア・アルホナ(ファイブ)
マヌエル・ガルシア=ルルフォ(スリー)
ベン・ハーディ(フォー)

感想

ハデハデアクション

とにかく、ドンパチ至上主義の映画でした!いい意味で(笑)


初っ端から終わりまで、ガン&カーアクションの連続で、監督のマイケル・ベイの色が非常に強かったです。


悪いやつらは問答無用で死にまくるわ、モノは壊しまくるわで安定のマイケル・ベイでした(笑)


物語としては、自分を死んだことにし悪者を倒す使命を追った6人の背景を徐々に描いていきます。


後半は6人である国の独裁者を倒すために協力していくというストーリーです。



主演のライアン・レイノルズは比較的どの作品でも「ライアン・レイノルズ」になりますね。


お調子者で、基本喋り続けていて、でもやるときはやる!というキャラクターの作品が多い気がします。


少し前に見た、同じく感想を書いたNetflix作品「ヒットマンズ・ボディガード」も似た感じのキャラでしたが、

サミュエル・L・ジャクソンという最強の相棒がおり、言葉の掛け合いも絶妙でした。



今作では、冗談を飛ばしあうユーモアさは控えた分、アクションにかなり寄っている作品になっています。

映像の9割ぐらいは銃を撃っているか、車がふっとんでいるか

とでもいうぐらい、ド派手なシーンが満載でした。


ただアクションシーンは、どれもリアリティと迫力がありますが、途中で「もうお腹いっぱいです」となったのも事実です(笑)


適度なアンバイというよりは、何も考えずに映画を見たいときに向いているかもしれません。

設定は「明るい007」

007ぽいところは多かったですね。


物語の中でもジョークの中でボンドの名前が出てきますが、ジェームズ・ボンドも家族はいないので、

人質に取られたりすることが無い(愛した女はすぐに連れ去られますが笑)という設定はそのままに、大人数にしたという印象です。


ただ「死んだことになっている」という設定が生きる点が、「人質が取れません」という敵の言葉ぐらいなのと、

そこまでして悪人をやっつけたいか?といわんばかりの動機の描き方だったので、物語にはあまり感情移入は出来ませんでした・・・


ただ、アクションに使っているお金の量が半端ないのは分かります(笑)


それだけ、ド迫力の映像が見れますので、そこもひっくるめて、まあ悪くない映画だったと思います!

最後に

ライアン・レイノルズの映画には、本人のボケに対して全力のユーモアで返してくれる相棒が居た方が、映画は引き締まると思います(笑)

個人的面白さ:5/10

画像出典元:https://eiga.com/movie/90307/photo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です