学生から社会人になると、こう変わる!【学生へ向けて】

こんばんは、Novtakaです。

今日は学生から社会人へなる上で
何が変わったか
そこから伝えたいことなど
自分の体験を書こうと思います。

時間の大切さを噛みしめる

よくいわれる事ですが
「学生はお金が無い」
「社会人は時間が無い」

これはその通りと思います。

友達、恋人と遊ぶ
映画、ドラマ、ゲームをやり続ける
etc…
遊び・趣味に没頭している時も
「時間」は常に頭にちらつきます。

かつ仕事では学校と違い
寝坊は許されないので
(まあ学校も許されませんが笑)
「ギリギリまで遊んで寝る」より
「余裕を持って早めに寝る」
へ変わっていきます。

その代わりお金については
自己判断で使える金額が増えます。
そして「時間をお金で買う」ことも
出来ます。
・タクシーを使う
・車移動で高速を使う
etc…

削られる代表としては「時間」
ですが、逆に大幅に増えるのは
「自由度」です。
仕事中や仕事終わり、休みの日に
・ダラダラ過ごすのも良し
・自己投資にお金を使うも良し
・勉強するのも良し
・新たなビジネス・副業を考えるも良し


学生でも出来ますが
「お金」の余裕があることで
これらはより現実的に
実現可能になります。

時間の大切さに気付くことは
時間が有限なことに気付くことでもあり
それは自分が「何をやりたいか」
を明確にする手助けをしてくれます。

ですが、社会は人で繋がっており
必ず「他人」は無視できません。
他人に関する懸念点について
次の項目の後半で書きたいと思います。

夢・やりたいことを語り続ける

「夢・やりたいことってなんだろう」
そう考える学生は多いと思います。
そもそも何がやりたいか
分からない、という人へ。

まずは「何に対しても手を出す」事を
してみてください。
30%でも興味があればまず「やってみる」

恥ずかしさもあり勇気も要ると思いますが
失敗はしないので安心して下さい。

夢ややりたいことを諦めなければ
失敗ではなく
「成功へ一歩進んだ」だけです。

そして夢ややりたいことは
大げさな事で無くとも良いと思います。

「社長になって独立したい」
もそう
「旅行の為に2週間休みを取っても
支障ない働き方をしたい」

もそう
「海外ドラマを時間を気にせず
ひたすら見続けたい」

(私の夢の一つです笑)
もそう、夢・やりたいことは
必ず「自分発祥」で
ジャンルや規模を問いません。

じゃあそれを実現するために
今どうするかを考え
行動をしていくだけです。

ただ、前章で述べたように
他人との関わり(主には会社内)
の中では、多分世の中に半数ぐらいいる(?)
「注意が必要な人たち」がいます。笑

ひたすら愚痴を吐いて
他人のせいにしている人や
何もかも諦めて、ただ淡々と生きている人
(超偏見言います。
休みの日はパチンコ【しか】
やることが無い人に多いです笑)

これは人の合う合わない等
それぞれの自己判断ですが
「社会人は大変で、理想を叶えるなんて
夢のまた夢だぞ
そんなの考えてる暇あったら働け」

暗に示してくる人たちがいます。
(大体の職場に半数はいると思います笑)

見分け方は、最初は難しいですが
確実に潜んでます。笑
社会人になりたての頃は
いろんな人と絡んだ方が良いので
制限する必要はないですが
この人たちが多い環境では
徐々に精神は「希望を持たない社会人」
へむしばまれます。

その中で意思を
強く持ち続けるのは大変です。
時には忘れても良いですが
実現したいことを
見返す為ノートに書いておくなど
たまに自分を客観視できる時間
を作ると良いと思います。

理想を追おう

社会人になるのは不安に
なりましたか?笑


ですが、上記の事以上に
社会人は楽しみも多いです。
そして社会人でも
自分はこうありたいと
夢・やりたいことを言い続ける
行動し続ける大人はかっこいいですし
いきいき、充実しているのが分かります。
自分自身も常にそうありたいですし
そういう人を見ると
自分もパワーが湧いてきます。

時に社会人1年目は
人生の「本番」に入るようなもの
最初のうちに
あらゆる「興味」に取り組み
自分自身の「願い」を叶えられるように
動いていきましょう!!

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です