【家で良くない?】スタバの良さって何ですか?に答えます。

こんばんは、Novtakaです。


今日はスターバックスの良さについて書きたいと思います!


え、急になんでスタバなのかって?


最近よく「スタバの良さが分からない、家でよくない?」という人に良く会います。


人それぞれ考え方は違いますが、ブログを書くときにいつも利用している私からすると、結論から言えば「スタバは非常に効率的な空間」であるということです!


スタバの良さは一般的にこんなとこです」という内容よりは、「私がいつも使っていて思うこと」という、あえて主観的に書きたいと思います!

リラックス空間である!

気持ちが落ち着くコーヒー豆の匂い、適度な明るさの証明、机や椅子にはところどころ木が使われており自然的なデザイン、作業を邪魔しない音楽(基本的には知名度の低い曲で基本は知らない人が多いと思うので、BGMとして成立しています)というところですかね。


何か、パソコンやスマホでやりたいことや勉強をしたいとき、本を読みたいときに、邪魔をしない環境が作られています。


「いや、それ家でいいんでない?」


そんな声が聞こえてきますねぇぇ!!(笑)


ここは人それぞれかもしれませんが、重要なポイントとして「周りに人が居る」。ここですね(笑)


家で集中が出来る空間があり、長時間集中を続けられるのであればいいのですが、自己をコントロールするのは、自分の意識だけは限界が来るときがあります。


家だと、自分の部屋には、好きな趣味のものやテレビなど、誘惑が非常に多くある中で集中し続けるのはなかなか難しいです(と私は思ってます笑)


あと何故か分からないですが、私は家だと安心して眠くなっていきます(笑)


集中できる環境として「家のような居心地」+「周りに人がいて、だらけずらい」空間を提供してくれるのがスタバだと思います。

「値段が高め」バリア

「値段高めだよね?」そうです、高いんです。


この点に関して、私が思っていることは一つ。


値段高めバリアによって客層がある程度絞られ、あまり半端な気持ちで(覚悟してくる場所でもないですが笑)来る人が減る→店内のマナーレベルが上がる。と思っています。


マナーレベルが上がる→静かに作業している人が増える(ヤバい人がこない)→集中出来る空間が出来るという流れですね。

接客の暖かさぁ

接客のレベルが平均的に高いのがスタバの良さです。


そういった教育方針だと思いますが、接客のときの笑顔や、一言声をかけてくれたり、コップに一言や絵を描いてくれたり。


これに安心するのは、子供のころ駄菓子屋に行ったときにお店のおばちゃんが気軽に話しかけてくれたりする経験からだと思います。


いや、知りませんけど( ゚Д゚)笑


誰しも似たような経験がある中で、大人になりその機会は失われ、やがて記憶から消えていきますが、その感覚を取り戻させてくれる感覚ですね。


やはり「人同士の繋がり」は大切なんだと再認識させられます。

スタバにいるオレ、おしゃれ~☆

はい、スタバに行かない人が言う理由の一つですね。


「どうせ、スタバにいる自分に酔ってるだけだろ~」
(心の声:おしゃれなところ行って、異性受けを狙ってるんだろ~)

この言葉に対しては、全面的に「いいえ」ということは私は出来ません(*’▽’)笑


逆にこれは断言します!!(笑)


意識してはいないですが、どこかにそういう部分もあると思います。


ですが、100%の割合で言えば3%ぐらいですね。


それ以上に自分自身のやりたいことがあるので、上2つのメリットの部分の方がほとんどを占めています。


個人の好みとして「集中できる空間」=「おしゃれな空間」というのであれば、そう言うことも出来ます。


が、究極誰にも迷惑をかけてないし、自分のお金を払っているんだからいいだろうという話ですかねぇぇ!(逆ギレ笑)


趣味と同じような感覚、だと思います。

まとめ

今の日本に失われたモノが詰まっている、リラックスできる空間それがスタバです。


ちなみにスタバで働いてもいなければ、お金ももらっていないです、当たり前ですけど(笑)


お金くれるならほすぃですけど!(笑)



あとは、なかなかスタバに行かない人も、「集中したいとき」にぜひ一度チャレンジしてみても面白いかなと!思います(/・ω・)/


終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です