光と闇。映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」ネタバレ感想~前編~

こんばんは、Novtakaです。

今日は映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」感想を書きたいと思います!

~どんな内容?~

あらすじ

「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する。「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再びメガホンをとり、主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結。初期3部作の「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)、「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」(83)に登場した、ビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが再登場するほか、シリーズを通して重要な役割を担ってきた、16年12月に急逝したキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナも、「フォースの覚醒」製作時に撮影されていたものの未使用だった映像を用いて登場する。

出典元:https://eiga.com/movie/87773/

概要

原題: Star Wars: The Rise of Skywalker
制作国:アメリカ
制作年度:2019年
上映時間:142分
監督: J・J・エイブラムス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:
デイジー・リドリー(レイ)
アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン・ソロ)
ジョン・ボイエガ(フィン)
オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)
マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)
キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)

~感想~

ついに完結!!

という感じです!(笑)

スターウォーズシリーズはなんだかんだ、ほほ全作品を見ました。

その物語も、ついに終わりと思うと、じんわりきます。


あの、「おれもそっちの世界に連れて行ってくれ」という、なんとなく置いてけぼりをくらう感覚ですね(笑)


スターウォーズ新三部作については、リアルタイムで劇場で鑑賞しながら追っていたので、思い入れは一番強い三部作となりました。


以下ポイントを絞り、感想を書きたいと思います!

光と闇

私自身のスターウォーズシリーズでの大好きなテーマとして常に「光の面vs暗黒面の戦い」が描かれている点です。

暗黒面の象徴として今作ではファースト・オーダーとパルパティーンが描かれ、これは誰しもの人間の心にいる「もう一人の自分」です。

日本人に伝わりやすく例えると「天使と悪魔」でしょうか。

CMでよくありますね、食べ物のCMで夜中冷蔵庫をあさり、食べるべきか食べないべきか、自分の中の天使と悪魔が戦っておる~!みたいなやつ。


あれを究極まで壮大なSF物語に仕上げたもの、それがスターウォーズです。(笑)



ダークサイドに足を踏み入れることは、簡単です。


常に利己的(自己中心的)に動けばいいだけですから。


それに対して、飲み込まれんとする光側(スターウォーズでは「ジェダイの騎士」)は他者のためにもがき、抵抗します。


これは現代に生きる自分たちにも言えることで、自分の為だけに動くのは、欲に従えばいいだけなので楽勝ですがそれを自分だけでなく、他の人の事も考えて動くというのは、簡単なようで非常に難しいことだと思います。



もちろん、他者だけのことを考える利他的な意味ではなく、「win-win」の関係のような、自分も勝ち、そして相手にも勝たせる(得をさせる)、この道を探っていくのは、人間の命題でもあると思います。


この哲学的で、かつ禅問答的な要素がスターウォーズには多分に含まれています。


レイがデス・スターの残骸の中で、もう一人のダークサイド・レイが現れたときのように、人間の中では常にその戦いが起こっているのだと思います。

後編に続きます!!→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です