見るのは景色の先の景色。 映画「キャプテンマーベル」感想

こんばんは、Novtakaです。

見るのは景色の
先の景色

映画「キャプテン・マーベル」の感想です!

あらすじ

過去の“記憶”を失い、その代償として強大な力を得た戦士ヴァース。彼女の過去に隠された“秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。
果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?

出典元:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel/about.html

感想

マーベル作品は半数以上見てきましたが
女性ヒーローかつ、強くあろうとする
女性像を描く作品は今までなく新鮮でした。

その中にも、ユーモアあり
サスペンスあり、涙ありで
それらのバランスが絶妙でした!

私はその中で特にグっときたのは
「敵だと思っていた相手を
改めて見極め、自分の意志で
本当の相手に立ち向かう」
という展開です。

現代の日本に照らし合わせれば
日本人には、色々と耳が痛い話でも
あると思います。

自分より、周りの空気を
読み、行動する。

それが功を成すこともありますが
空気を読みすぎるのは
自分自身の存在を殺すことにも繋がります。

学生のときに夢を見ていた人が
やがて社会人になり、空気を読むことを知り
夢を見るよりは現実を考えるようになる。

これは当たり前の事で、誰しも目の前に
の物事に対し考えます。
現実を見ることは必ず必要です。

ですが、その中に抑圧をしたもの
もっと言えば
「抑圧しなくても
良かったもの」

あったのではないでしょうか。

私はいっぱい
たくさんあります(笑)

一般的な例でいえば、子供の頃の
「宇宙飛行士になりたい」という夢から
社会人後の「仕事で残業したくない」
という理想まで、何でも
当てはまると思います!
夢や理想はジャンルや、大小を問いません。

「こういう職業に就きたい」もそうだし
今の「目の前の仕事に関連すること」
もそうです。

「周りの人が残業をしている中、
帰りたいけど帰りずらい・・・」
(理想は定時で退社か
残業したとしても早めに帰りたい)
という思いも、抑圧をされた感情です。

ここで、周りに合わし残業するのか
それとも早く帰れるように動くのか
に差が出ると思います。

早く帰れるようにする行動例は
話が脱線するのでここでは書きませんが
私が言いたい事としては

「抑圧された感情や
本来の気持ちに向き合い
それに向かって動く」
ことの大切さを
この映画を見て思いました。

見るべきなのは目の前の景色
の先にある景色。
その為に、たとえ弱くても
強くあろうとする人間でありたい。

主人公は今まで敵だと思っていた
相手を見極め
どちら側に付くかを判断します。

その付いた側が本当に正しいのかどうか
それは正直どうでもいい。

大切なのは
深く追求し、調べ考えた上で
自分の意志で
自分の取る行動を選ぶこと。

それが人生、そして生活を豊かにする・・・
そんな気がします(/・ω・)/

この映画はその大切さに気づかせてくれる
素晴らしい作品でした!!

あと、個人的にサミュエルLジャクソン
好きな自分としては
デジタル技術とやらで若いころの本人が
出てきたのは驚きでした。
技術革新もここまできたか・・・(爆)

キャスト、ストーリー、アクション等
どれをとっても
ハイレベルな作品なのでぜひ!!

終わり 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です