過去は存在しない。

こんばんは、Novtakaです。

今日は、「過去は存在しない」ことについて書きます!

「過去」自体に意味は無い

私たちの中で「過去」とは、巨大な力を持つように見えています。


「トラウマ」という言葉もあるように、こういう過去があるから私は今こうなのだと。


無意識に言い訳のように使ってしまっている人もいるのではないでしょうか。


私自身も、今でもそう考えてしまうことがあります。


でも、冷静に見れば「過去」というものは「いま、この瞬間」とは何も関係がありません。


なぜなら、「いま、この瞬間」は自分自身で変えていくことが出来るからです。


それに対し「過去」はただ「意味付け」をするものでしかありません。

過去の出来事に意味を与えるのは、いまの自分

例えば、高校もしくは大学の受験に失敗したとします。

「受験に落ちた」という事実に対して、直後は誰しも非常に落ち込みます。

ですが、浪人し1年間本気で受験勉強に取り組み、もっと偏差値の高く、理想の学校に、1年後に受かったとします。


そうすると「受験に落ちた」という過去の事実はどうなるでしょう。


今までから一転、「あのとき受験に落ちていなければ、この目指していた学校には入れなかった、受験に落ちて逆に良かった」と考えるようになります。


「受験に落ちた」という過去は「最悪の出来事」から「より高いレベルを目指し、達成したきっかけを与えてくれた出来事」へと変わります。

過去は変えられる

と、いってもいいんではないでしょうか。


大切なのは、「何が起きたか」ではなく「それにどう意味付けを自分でするか」です。

今が不幸せなら、過去も悪い見え方をし、今が幸せなら「全てはこの幸せのためだったんだ」と過去も肯定できるようになります。


だからこそ、私たちは、「今までどうだったか」ではなく「これからどうするか」を考える必要があります。


厳密に言えば、「過去」も「未来」も存在しません。


「いま、この瞬間から何が出来るのか」これが120%考えることで、私たちは幸せになれると考えています。

まとめ

過去、めちゃくちゃやりこんだゲーム、マインクラフトのセーブデータがバグで吹っ飛んだデータ、どうにか戻らないかなぁ・・(/・ω・)/(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です