最強の長所。映画「オーシャンズ8」感想

映画「オーシャンズ8」感想です!!

あらすじ

5年と8か月と12日。それだけの年月を費やして練り上げられたのが、デビー・オーシャンの名高き犯罪人生においても最大の強盗計画だった。実行に移すためには裏稼業の元相棒ルーや専門家の一団など、その道を極めたプロ中のプロたちが必要となる。ターゲットである1億5,000万ドル相当のダイヤモンドはその年の目玉イベント“メットガラ”で、世界的な有名女優の胸元を飾る予定になっていた。計画に抜かりはないが、潜入から脱出まで流れるようにスムーズに実行しなくてはならない――それも全世界が見つめる中で。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B07J4ZFC31

感想

最強の長所。

個人的面白さ:7/10

犯罪ドリームチームで大規模な怪盗を
はたらく「オーシャンズ」シリーズの
スピンオフ作品で
今回は女性のみのチームです!

基本の流れは「オーシャンズ11」と
似ていますが、女性ならではを描く
シーンも多く、前3部作を見ていても
非常に新鮮にうつります。

それぞれタイプの違うメンバーたちの
掛け合いや、後半での互いの協力し合う姿は
見ていて爽快です!

1時間50分でスパッと終わる時間も
無駄なシーンが無く、ちょうどよいです!

オーシャンズシリーズにも通じることですが
この「犯罪ドリームチーム」は
言い替えれば
「ずば抜けた長所を持っている人集団」です。

なら、それだけ必ず「短所」もあるはずで
登場人物たちは基本は社会に馴染むことの出来ない
ような人たちばかりの印象を受けます。

ただ重要なのは
「ずば抜けた長所」は最大の武器になる
ことです。

「芸は身を助ける」ということわざが
ありますが、「芸」は何も特技のみでなく
「何か一つに特化した点」
私は捉えています。

生きる上で何にしても
「つきぬけた長所は
あらゆる短所をカバーする。
故に伸ばすべきは長所で、短所の改善は
後からでいい」

ということを教えてくれる
映画でもありました。
(もちろん運転とか
命に関わったりすることは
早急な改善が必要ですけどね笑)

映画ではスリ、ハッキング、アクセサリー作成
などのプロフェッショナルが集まり
目標達成の為に結束し協力します。

彼女たちの最強の理由は
それぞれの長所を明確に理解している
点にあると思います。
それぞれ、また自分自身の強みを
分かっているからこそ
自分がどの点で求められているのか
そして強みを活用することでどうなるのか
が分っています。
この点は決してフィクションの中の話ではなく
現実世界も変わらない部分だと思います。

映画の中で描かれるのは「強い女性像」で
特に女性の方にもオススメしたい作品です!(*’▽’)

終わり

画像出典元 https://eiga.com/movie/86216/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です