「自分の原点」に会えた年、2019年の振り返り

こんばんは、Novtakaです。

今日は2019年の振り返りと称して、今年の中で感じたことを書きたいと思います!!

ブログ、ゲーム実況を始める

なんといっても、Novtakaにとっての一大事はこれでした。

大学を出て新卒にて営業に入り5年目でしたが、社会人になったばかりの頃からしたら考えられないことです。

元々の経緯としては、自分の「夢」がありました。

それは、

ずっとゲームをやって過ごしたい。

というものです(笑)


ですが、本当に今この瞬間からひたすらゲームをやって過ごすのは、お金もそのうち底をつきますし、家にも住めなくなります。


そこで色々調べた結果、「ブログ」で生活をすることが適していると感じました。


記事をたくさん書いて「働かなくても収入がある程度入る仕組み」を作り上げれば、サラリーマンでいるよりも多くの時間を、ゲームに費やせるのではないか。


そもそもサラリーマンという職業には、自分は向いていないと思っていたのでそれもありますが(/・ω・)/


そして今年の8月からブログをスタートしました。

世界が変わって見えた

ブログをほぼ毎日更新でしていくうちに、あることに気付きました。

ああ、やっぱり人間は、本業以外に何か熱中できるものを持つべきだなと。

このことは以下の記事にも書いています。

仕事以外に熱中出来るものを持つことは、仕事自体と、日々の生活にも確実に生きてきます。

会社というひとつの場所以外にも、自分の居場所を作ることはなにより大切だと感じました。

ゲーム実況への心境の変化

そして2019年12月、ふと思いました。


ゲームやりながらお金を稼げそうなことをしたら、夢叶えながら仕事にできるんじゃね?

はい、ザ・理想論ですが(笑)

という訳で、その理想チャレンジをするべくゲーム実況を始めました。


競合は確実に多いですが、「やりたい」と第一に考えついたことに対しては、素直でいたいという気持ちが一番大きいです。


そして今の営業、ブログ、ゲーム実況者という3本の矢で、どう上手くやるかを試行錯誤しています。

原点へかえる

そもそも私がゲームが好きになった理由は、学生時代の引きこもりのときに、ひたすらゲームをやり続けていたことだと思います。


そのいわばマイナスの経験が今、「ゲーム実況」としてプラスに転換されようとしているのは、自分に酔っている訳ではありませんが、個人的にも感動を覚えます(笑)

一度きりの人生ならば

いつどうなるか、人間は分かりません。

「死」までなくとも、事故にあったり病気をしたり、はたまた大切な人に何かがあったり、今までの流れが断ち切られるときが、いつか必ず来ます。


それならば自分と向き合い、本当にやりたいことをやることは、時間制限のある中でとても大切なことだと感じます。


2020年も自分自身と向き合い、常にトップスピードで走り続けたいと思います!


2019年もありがとうございました、2020年もよろしくお願いいたします。


2019.12.28 Novtaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です