もうそろそろ「自分」のために生きよう。岸見一郎・古賀史健著 本「嫌われる勇気」より

こんばんは、Novtakaです。

今日は本「嫌われる勇気」について書きたいと思います!!

~どんな内容?~

著者

・岸見一郎(きしみいちろう)。哲学者。1956年京都生まれ。本書は原案を担当。

高校の頃から哲学を志し、大学へ進学した後は、先生の自宅に度々押しかけ議論をふっかけていた。様々な哲学を学び、アドラー心理学については執筆・講演活動、精神科医院などで多くの「青年」のカウンセリングを行う。アドラーの訳書に携わり、著書としても『アドラー心理学入門』など多数。


・古賀史健(こがふみたけ)。フリーランスライター。1973年生まれ。

書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。20代の終わりにアドラー心理学と出会い、常識を覆すその思想に衝撃を受ける。その後何年にもわたり京都の岸見一郎氏を訪ね、アドラー心理学の本質について聞きだし、本書ではギリシア哲学の古典的手法である「対話篇」へと落とし込んだ。

~感想~

哲学の持つ力

私の人生のバイブルとも言える本です!!


大学生の頃にこの本に出会い、何か機会があるごとに読み返しています。


青年と哲学者の対話形式で話が進んでいき、アドラー心理学を元に、悲観的な世界観を持つ青年と対話、議論していきます。

この本の内容については書きたいことが非常に多く、以下色々なテーマで記事として書きました。

これらは全て本の説明であり、私の感想のようなものです。


本の主張と、私の主観を混ぜて記しています。

こちらもぜひ!!

自分のために生きていくために

まとめ

取り上げているテーマ一つ一つが多大な説得力を持つ、非常にためになり、考えさせられ、かつ大切なことに気づかせてくれる本です!!

画像出典元:https://www.amazon.co.jp/嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え-岸見-一郎/dp/4478025819/ref=sr_1_1?keywords=%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%87%E6%B0%97&qid=1576394903&sr=8-1

出典元(参考文献):ダイヤモンド社「嫌われる勇気」 著・岸見一郎、古賀史健

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です