本質と向き合おう。 本「嫌なこと、全部やめても生きられる」感想

こんばんは、Novtakaです。

今日は本「嫌なこと、全部やめても生きられる」感想を書きたいと思います!

著者

プロ奢ラレヤー
本名、中島 太一、22歳、奢られ屋。「他人のカネで生きていく」をモットーにし、ツイッターを通して出会った、様々な人に「奢られる」という活動をし、6か月でフォロワー2万人。現在はフォロワー約9万人へ。

内容

「逃げたら負け」と思っている人々へ。”目からウロコの意識低すぎ実践哲学”!「僕に奢りたい人はDM(ダイレクトメッセージ)ください」ーー

「他人のカネで生きていく」というモットーを掲げ、見ず知らずの人に奢られるという活動を行う「プロ奢ラレヤー」、22歳。

Twitter上でつぶやく日々の気づきや、奢りに来た人の奇想天外なエピソードが反響を呼び、

フォロワーは2年半で約9万人、彼に奢った人は2000人以上。

さらに、そんな生き方をコンテンツ化し月に3桁万円の収入!

実践するのはただ一つ、「嫌なことをしないだけ」。

その生き方は一見、モラルや常識に反しているように見えるが、なぜ人々は奢ってまでも彼に会いにいくのか?

その唯一無二の活動の原点を明かす一冊。

出典元: https://www.amazon.co.jp/dp/B082XWPMLX?_encoding=UTF8&isInIframe=1&n=2250738051&ref_=dp_proddesc_0&s=digital-text&showDetailProductDesc=1#iframe-wrapper

感想

新世界とはこのこと

面白かったです!!

総じて、およそ誰も見たことがない世界の話をしているので、とても興味深いです!

プロ奢ラレヤーが示すことは「お金」というものに縛られることなく、本当に私たちにとって必要なものは何かを示してくれます。



「お金持ち」になりたい人は多くても、いざ金持ちになったときに何をしたいのか、自分がどう思うかのビジョンを明確に持っていない人は結構多いと思います。


「目標があって、その為にお金持ちになりたい」っていう人もいると思いますが、漠然としている人の方が圧倒的に多いイメージです。


私も含めて(笑)


それに対して、著者は本当に「お金」は多ければ多いだけ得なのか?と問いかけてきます。


プロ奢ラレヤーは、私たちが本当に求めているのは、お金に見える「安心」だと言います。


貯金という、将来そのまま使わないままになる可能性のあるものを「安心」の代わりとして取っておいている。



でも、実際は貯金が無くても、生きていくことは「なんとか」なります。


その生き方は、プロ奢ラレヤーが証明をしています。

シンプルにネタが面白い

とにかく、プロ奢ラレヤーの元に奢りに来た人の話のネタが面白いです。


知らない世界、職業をする人たちの話を聴けるのが楽しいです(笑)


・会社でパワハラ被害にあっていたサラリーマンが、ある日自分が「猟銃所持者」であることをカミングアウトしたところ、次の日から上司が優しくなった、今生きずらいと思っている人はとりあえず狩猟免許を取るとよい



・事故物件に住んでいる人より、「事故物件?全然平気じゃん」と思って住んでみたら、同じ「事故物件?全然平気じゃん」という思想の持主(いわゆる、変わってる人)が密集していた、本当に怖いのは人間だということを悟った




こんな感じの、関わったことのない世界の人の話のオンパレードです。



まあ正直これは、Twitterで全部見れるので、別に本は買わなくてもいいのかも・・(笑)

嫌いなことをしないように、生きる

「嫌なことをしたくない」それはみんなそうです。


でも著者がそれをで考えられているのは、ある意味すごいと思います。



捉え方によっては、「自堕落な人」なのだと思いますが、「プロ奢ラレヤー」になった今では、世間の見方も180度変わります。



「好きなことで生きていく」よりは、「嫌いなことをせずに生きていく」こと。


プロ奢ラレヤー にはその信念があったからこそ、今こういうポジションで生きていけているのだと思います。


その方が結果的には広い心で、許容力大きくいられるような気がします。

本質と向き合おう

この本が言いたい事はこれだと思います。


「本質と向きあおう」


物事の本質を見る、お金の本質を見ること。



本質を見た上で、それを元に判断すると、もやのかかっていたものがはっきり見え、結果的に生きていく上で楽になるのだと思います。



今の世の中は「普通」でいずとも、やりたいようにやっても、思っているよりも死なないという話です(笑)



「嫌なことをしない」ことって誰もが思うことであると思いますが、そこにしっかり向き合うことで意外と人間、していないような気もします。



成長するには、乗り越えるためには、「嫌なこと」と向き合わないといけない、と思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。


その考えが無くても、「多く欲する」ことをしなければ、生きていけるんだということを、プロ奢ラレヤーは教えてくれます。

「読みやすさ」がもっとほしい(笑)

が、・・読みやすさとして、文章が「スッ」と入ってこない感じはちょっとあります(笑)

あとがきで、著者の言葉をライターの人が文字におこしたようですが、たぶんそのせいだと思います(笑)


それでも、中身は非常に新しい世界を知れました。


とても読んで良かった本です!!


終わり

画像出典元: https://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%81%E5%85%A8%E9%83%A8%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%A6%E3%82%82%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B-%E3%83%97%E3%83%AD%E5%A5%A2%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%A4%E3%83%BC/dp/4594083757

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です