映画で笑おう。映画(Netflix)「ヒットマンズ・ボディガード」ネタバレ感想

出典元:https://eiga.com/movie/87581/photo/

【あらすじ】

「デッドプール」のライアン・レイノルズと「キングコング 髑髏島の巨神」のサミュエル・L・ジャクソンが共演し、ひょんなことから凄腕の殺し屋を護衛することになったボディガードの奮闘を描いたアクションコメディ。一流ボディガードのブライスは任務中に依頼人を暗殺されてしまったことをきっかけに第一線を退き、金持ちの警護で日銭を稼いでいた。一方、殺し屋のキンケイドは服役中の妻ソニアの釈放を条件に、国際司法裁判所で裁かれる独裁者デュコビッチについて証言することに。しかし裁判所までの護送中にデュコビッチの手先に襲撃され、護送チームのほとんどが殺されてしまう。キンケイドを連れて隠れ家に潜伏した女性捜査官アメリアは内通者の存在を疑い、かつての恋人であるブライスに助けを求めるが……。共演にもゲイリー・オールドマン、サルマ・ハエックら豪華キャストが集結。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のパトリック・ヒューズが監督を務めた。

出典元: https://eiga.com/movie/87581/

★★感想★★

初、Netflixオリジナル映画でしたが超豪華キャストの
ライアン・レイノルズ
サミュエル・L・ジャクソン
ゲイリー・オールドマン

に惹かれて見ました!

アクションコメディというジャンルですが完成度はバリ高いです。


コンビを組むボディーガードのブライス(ライアン・レイノルズ)と、キンケイド(サミュエル・L・ジャクソン)で、元独裁者のデュコビッチ(ゲイリー・オールドマン)に、勝負を挑むストーリーですが、物語の面白さもさることながら「コメディ」の部分である、主演の2人の掛け合いがとても面白いです!


エリート街道をはしるボディーガードのブライスでしたが、任務中に依頼人が射殺されてしまいます。


そのことから第一線から外されフリーランスのボディガードとして稼いでいた彼に、元カノから連絡が入ります。

それは殺し屋であるキンケイドが、元独裁者のデュコビッチ前大統領の罪を認めさせる証人になるため、移送の警護をしてほしいという依頼でした。

ですが、いざ本人と対面すると今までボディーガードとしての自分を28回も殺そうとした人間そのもので、バトルに発展しそうでしたが、なんとかやりすごしブライスとキンケイドは、共に裁判所へ向かうのでした・・・という話です。

いわば親のように、ボディガードとして守ろうとするブライスに対し、あらゆる手段で逃げ(ボケ)ようとするキンケイドの絶妙な絡みが最高でした!

ヒットマンの生き方

サミュエル・L・ジャクソン演じるキンケイドに関しては、特にキャラクターが立っており殺し屋になった理由や、妻を取り戻すために孤軍奮闘する姿は共感を覚えました。

何より人をののしらせたら右に出る者はいない役者さんが演じているので良い意味でクセがすごいです!(笑)

フロントガラスから飛び出そう

この作品の醍醐味としては、やはりコメディの部分です。

個人的に好きなのは、デュコビッチの組織から車で逃げている時に、キンケイドが「元カノのことまだ好きなんだろ?愛しているって電話で言えよ!アイラ~ビュ~♪」と歌ってよそ見をした瞬間、車止めに車が衝突しギャグマンガの如く、ブライスだけフロントガラスを突き破り身体が放り出されるシーンはかなりツボでした。

その直後、キンケイドの表情が「えっ?なにふざけてんの?」という表情100%だったのも面白かったです(笑)

他にも序盤でブライスが当たり前のように、ペットボトルに尿瓶のごとく車内で小便をしていたのもジワジワきました(*´з`)

ボケの内容としては言い回しも絶妙ながら、若干の下ネタや体を張ったボケなど小中学生が爆笑しそうなものまでよりどりみどりなので、どんな人にも笑えるワンシーンが一つはある映画だと思います(/・ω・)

まとめ

続編が決定しているのと次回は新たにモーガン・フリーマンも出演するようです。


非常に楽しみだ!!

個人的面白さ:8/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です