応援したくなる。映画「HELLO WORLD」ネタバレ感想

出典元: https://eiga.com/movie/90380/photo/

★★感想★★

まず基本フルCGアニメなので
ポリゴン的な映像があまり得意でない方は
向いて無いかもしれません。
はい、私です(笑)
「君の名は」などの絵ではなくCGなので
若干のカクカク感は出ています(/・ω・)/

話の展開は面白いというか
物語に関しては独創的な部分もあり
楽しめました!

映像から出るカラフルな色使いからも
年齢を問わず見れるかと思います。

主人公への感情移入

前半に関しては、主人公のタイムリープ系
初恋物語(未来から来た自分が
過去の自分を応援するドタバタ劇)なので
そこまで面白みは感じませんでした(笑)
後半の流れ的に前半はしっかり描く必要が
あったとは思いますが
もう少し短くても良かったかなと思います。

ただ、主人公がデータの中で生きる人間と
知り、後は現実世界からリセットされるだけ
となったあと、データでもなんだとしても
自分の願いの為
に、そうさせないように
奮闘する主人公にはグッときました。

その時の気持ちとしては
自宅から出かける時に、犬を飼っていたら
檻に入れますよね?

その時に犬が『おいてかないでー』
という表情しているのを見たとき
の感情と似てます(爆)
わけのわからない例えですみません(笑)
ただそんな気持ちになりました(*´з`)

冗談はさておき、なかなか映画の中の
主人公に対して素直に「がんばれ!!」
自然に思える作品は
そこまで多くないと思うので
その気持ちを湧かせるこの作品は
すごいなとシンプルに思いました。

ラストの終わり方も
最後に爆弾を落とす感じ(良い意味で笑)は
好きです(/・ω・)/

超能力のTHEアニメ感

「普段から見慣れているかどうか」

で、感じ方は180度変わると思いますが
序盤で主人公は「グッドデザイン」という
一言でいえば錬金術のような
練習次第で大概の物質は作り出せる
手袋を手に入れます。
これは完全にファンタジーの世界の産物なので
現実にはありえないアイテムが出てくることに
対しては、人によって好き嫌いは
分かれるのかなと思います。

自分自身は、アニメ作品でも比較的現実的な
ものを見てきたのと
ファンタジー系の作品をあまり見ないので
少し受け入れるまで時間はかかりました。
(上映中にはなんとかいけましたが笑)

最近のアニメ映画の流れを変えた「君の名は」
も現実には起こり得ない設定ですが
手から魔法を出したりする
ファンタジーな内容では無かったのも
万人に受け入れられた要因だと思います。
上記はあくまで一般論ですが
自分のその一人で、THEアニメ感は
抵抗がある人もいるのかなと。

まあアニメ、CG作品ならではでもあるので
これは強みでもあると思います!!

これだけは言わせてほしい

レオナルド・ディカプリオ主演の
映画「インセプション」のパクリかな・・

普通にストーリーの流れは面白く
好みなんですが
個人的に一番大好きな作品「インセプション」
とのかぶりが随所にあります。

・町が今いる地面に対して
直角に浮き上がるシーン
・超能力で目の前に橋を出すシーン
・現実世界だと思ったらデータだった世界
・ラストの現実かデータかを問わせる感じ

ああ、監督はインセプション
やりたかったんだなと思いましたが
まあそのせいで物語は好みになっているので
よしとしよう。(笑)


あと、もう一つございます(笑)
この作品、CGというだけで
普段見慣れないせいか
そもそも、挙動がおかしいのか
なんとなく不自然に見えます。

普通にアニメではダメだったのでしょうか。
または途中の壮大なシーンのみ
CGを使うなど・・
爆発的ヒットをした作品にCGものは
無いと思うので、そこはチャレンジでも
あったとは思いますが
なかなか最後まで慣れませんでした( ゚Д゚)

まとめ

個人的には色々と惜しい映画です。
と、いうより私の好みの問題ですが( `ー´)ノ

あと、ヒゲダンの楽曲「イエスタデイ」が
主題歌と思ったら違うんですね(*´з`)
フルを聞けるかな~と思ったら
違いました(*´з`)笑

個人的面白さ:4/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です