個性が光る。映画「ワイルド・スピード スーパーコンボ」ネタバレ感想

こんにちは、Novtakaです。

映画「ワイルド・スピード スーパーコンボ」ネタバレありの感想です!

この記事から
☑映画のあらすじ
☑観た人の率直な感想

が知れます!記事は2分ほどで読めます。

あらすじ/概要

メガヒットシリーズ「ワイルド・スピード」の通算9作目で、「ワイルド・スピード MEGA MAX」で初登場して以降、シリーズの顔となったドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスと、「ワイルド・スピード EURO MISSION」からシリーズに参戦したジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウがタッグを組んで挑む戦いを描く。かつては敵同士で何もかも正反対のホブスとショウが、いがみあいながらも、目の前に立ちふさがる謎の強敵ブリクストンに挑んでいく。ブリクストン役は「パシフィック・リム」「マイティ・ソー」シリーズのイドリス・エルバが務め、物語の鍵を握るショウの妹ハッティに「ミッション:インポッシブル フォールアウト」のバネッサ・カービー。監督は「ジョン・ウィック」「デッドプール2」のデビッド・リーチ。

出典元: https://eiga.com/movie/90367/

原題:Fast & Furious: Hobbs & Shaw
制作国:アメリカ
制作年度:2019年
上映時間:136分
監督:デビット・リーチ
出演:
ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)
ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)
イドリス・エルバ(ブリクストン)
バネッサ・カービー(ハッティ・ショウ)

感想

個人的面白さ:6/10

イドリス・エルバさんステキ♡

「ワイルドスピード」シリーズは2以降は全て見て、本作は劇場とDVDで見ました。


本作の魅力はなんといっても「人気者の共演」ですね!


「ワイルドスピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン(相変わらず筋肉量半ハンパない)と、

中盤から参戦したジェイソン・ステイサム、「マイティ・ソー」シリーズのイドリス・エルバ


ヒロインのヴァネッサ・カービーは私がみた他の作品にも出ていたようですが、記憶に無く・・(笑)



とても美人さんでした!!



そして、今作の個人的な推しメンは、悪役のイドリス・エルバです!


立ち姿から、声から「THE悪役」で、かつ良い渋さが出ていて、スタイル良くてイケメンで、もうけなすところがないです(笑)


調べると2018年の米ピープル誌で「もっともセクシーな男性」に選ばれたようですね。


そりゃあ、性別かまわず、好きになるわ。(笑)


作中では戦闘態勢に入ると、半人造人間なので目がカラコンをつけたときのように黄色くなるところなど、中二心を刺激します。


ということで、このイドリス・エルバを見るためだけでも、見る価値アリ!です(笑)

キャラクターを描く

そして、今作はキャラクターがタイトル(原題:Fast & Furious: Hobbs & Shaw )にも入っているように、


「キャラクターをいかに魅力的に描くか」にかなり注力している部分を感じました。


ストーリーとしては、一言で言えば「全世界に殺人ウィルスがばらまかれないよに止めようとする」話なので、よくある流れですね(/・ω・)/



その中で、ホブスとショウが顔を合わせた時から、常にお互いの悪口の言い合い、まるでラップ対決をしているかのような、


「よくそんなひねったフレーズ出てくるな(笑)」と感じるぐらいに罵り合ってるwww


ワイルドスピードシリーズで、この2人でコンビを組ませたら、

面白いだろうなという発想からだと思いますが見事にマッチして、


見ているこちらが笑ってしまうような2人の悪口合戦が見れます!


物語のクライマックスとしては、ラスボスを2人協力しないと倒せない


という展開になるのは胸アツでしたね!!


アクションシーンも、他の映画にはない「個性が光るシーン」が多かったです!



 ホブスが車からぶっとい腕を出して、バイクに乗っている敵を持ち上げるシーンとか(笑)


 ラストの車を連結して、ヘリに対抗するシーンは、思わずハラハラして見入ってしまいました。


どうこの2人のキャラクターを共演させて、かつ個性を出して盛り上げていくか、が入念に考えられていた映画だと思います!!

最後に

として、筋骨隆々のドウェイン・ジョンソンに目の前に立ち塞がれたら、確実に戦意喪失するね・・!!(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です