【考え方】自分で決めたことを、やりきれなかった君(僕)へ。

こんばんは、Novtakaです。

不思議なタイトルをつけましたが、こんなときってありませんか?


自分自身で「よし、明日から〇〇をしよう!」とか「期日までに〇〇をしよう!」と自分と約束をしたときに、

それを守れなかったこと。

身近な例で言えば
「明日7:00に起きよう!」→起きれなかった・・
「明日は仕事をここまで終わらずぞ!」→終わらせられなかった・・・
「ダイエットを頑張るぞ!」→3日坊主で終わってしまった・・・

自分との約束、他人との約束

個人差はありますが、何か約束を破ってしまったとき、「どうせ俺(私)はだめな人間なんだ」と考えてしまう人っていると思います。


どちらかと言えば、完璧主義の気がある人に多いかもしれません。


特に自分との約束は、破っても何かがある訳では無いですが、なんとなく「守れなかったこと」に対して、自己嫌悪に陥ってしまう人っていると思います。


「別に全然それは感じません」という方には、この先の内容も共感しえない可能性があるので、ご了承ください(笑)

転んでも、顔だけは前を見る

何かやる気をもって臨んでも、思わない結果になったり、それ自身が実行できなくなる場合はあると思います。


完璧主義の人ほど、この瞬間は急激に気分が下がります。


「あー、もういいや」(投げやり、諦め)と。


でもそんなときに考えてみて下さい。


ここで自分との約束を今後も破り続ける、のであれば「約束をした自分」自身も裏切ってしまうことになります。


なんだかんだ言っても人生は「長い」というか、ある程度期間があります。


一度、自分との約束を破ってしまっても、その場で新たに約束をしてしまえば、過去の「約束をした自分」を裏切ることにはなりません。


あきらめないこと。


某漫画の先生も言っていましたが。


何度自分との約束を破ってしまったとしても、私達にはその先の「未来」があります。


「自分との約束」を破ってしまってテンションが下がっている時間があるなら、もう一度約束をして、かつそれを守るには次はこうすればいいと、設定をすればいいのです。


場合によっては、それが合理的でなく、諦めるケースもあるかもしれませんが、そこも含めて「自分の信念」は裏切らないように生きていきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です