イライラ、モヤモヤした気持ちを対処する、たった一つの方法。

こんばんは、Novtakaです。

生きていると仕事、
人間関係などに対して、
どうしてもイライラ、
モヤモヤしてしまうことって
ありますよね。

そんな時、思いを受けた相手に
ぶつける事が出来れば、
良いですが、現実は
そうもいきません。

今日は、
その気持ちに対する対処法
ついて書きたいと思います。

結論から言います。
たった一つの対処法は、
思うがまま、
思った感情を
そのまま全て
ノートに書く」

具体的な行動はこれだけです。
行う上でのポイントは
ただ感情のまま、
思うがままに書くことです。

文脈の乱れは一切気にしません。

例「あー〇〇ほんとむかつく!!
こういったら、どんな顔するかな、
あっトイレ行きたいまーいやー、
イライラするーー!!!F〇〇K!!!」

↑笑

よりリアルに書きました笑
汚い言葉ももちろん!
この時だけは押さえなくていいです。

そしてトイレいきたいと
頭に浮かんだら、
「トイレ行きたい」も
書いてください。


これは大まじめに言ってます( ゚Д゚)笑

これが効果的な理由ですが、3点あります。
①気持ちという曖昧なものを
文字に書き起こすことで、
自分が思っていることが
言葉として理解でき、
冷静に判断
できるようになる。

人間が思うことは、頭というよりは心で
心を開けて中何があるのかを
見ることは出来ないので、
「感情」は意識出来ても、
それを言葉、文字に
常に直している訳
ではありません。

故に何が起こるかというと、
「なんか物事にイライラ、
モヤモヤするけど、
根本の何に対してなのか
良く分からない」
となる時も出てきます。

その気持ちを開放する事で、
自分が思う真意の部分にたどりつけます。

②自分の考えを
客観的に見れ、
書き起こす前とは、
別の感情、思いに
変わることがある。

「その事が起こったときは、
本当に腹が立ったけど、
冷静に書いてみたら、
自分も悪いところがあったのかも
しれない」と結論が変わったり、
または「やっぱりこれは私が正しいはずだ!」
と再認識する時もあります。

いずれにしても、その思いに対して
冷静な判断軸を持てるので、
どう転んだとしても、
誤った判断のまま
進む確率は低くなります。

③書くことで、自分の中に
溜まっていた
イライラ、モヤモヤを

ノートにぶつけることで、
ストレス解消になる。

基本的に人間は、
自分の本来の感情を少なからず
抑え、調整をしながら生きています。

それを開放できる場を
自分の為に作ってあげる事は
非常に大切な事です。

人生は、喜怒哀楽という言葉以上に、
複雑に人間の感情は
日々動いていきます。

ノートに、その感情だけではなく
今起こっている事を
何も考えずに書いていく。

コツは、「考えないこと」です。
ただペンを持ち、
頭に自動に浮かんでくる感情を
ある意味では機械のように
何も考えずに書きます。

また「ノート」とした理由は
後で自分がその時に何を思っていたか
どう感じていたかを履歴として
残すことが出来るからです。

今後また悩んだ時も
自分自身で気づいた
ヒントが見つかるかもしれません。

もちろんペンで書けるものなら
なんでもOK!です!

私もこの方法から、
自分の考えの本質に気づくことは
結構多いです。

例で出したように、
「よくよく考えれば
ここでこうしておけば、
そうならなかったのか、
よし、明日からは
こうしよう」
と前向きな気持ちへ変換が
出来る時があります。

もちろん、これだけで
収まらない時もあると思います。
ストレスを解消する方法は
他にも沢山あると思いますが、

この手法は、
「物事の真理に気づき、
今後同じことがあっても
対応できるようにする、
そして前向きに
生きていくため」
のものです。
非常に有効な手だと思うので、
ぜひやってみてください!(#^^#)

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です