意外と深いんです。映画「海底47m」ネタバレ感想

こんにちは、Novtakaです。

今日は映画「海底47m」についての感想を書きたいと思います!


ジャンルは「ホラーサスペンスアクション・サメ映画」ですね(笑)

あらすじ

水深47メートルの海に沈んだ檻の中で、人喰いザメの恐怖と対峙する姉妹の姿を描いたシチュエーションパニックスリラー。メキシコで休暇を過ごしていたリサとケイトの姉妹は、現地で知り合った男から、海に沈めた檻の中からサメを鑑賞する「シャークケイジダイビング」に誘われる。水深5メートルの檻の中からサメを間近に見て興奮する2人だったが、ワイヤーが切れて檻が一気に水深47メートルまで沈んでしまう。無線も届かず、ボンベに残された空気もわずかという極限状態の中、サメの餌食になる危険におびえながら、2人は生還を目指すが……。「塔の上のラプンツェル」で声優を務めたマンディ・ムーアと、テレビシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などで知られるクレア・ホルトが主人公姉妹を演じた。監督は「ストレージ24」のヨハネス・ロバーツ。

出典元: https://eiga.com/movie/86190/

概要

原題: 47 Meters Down
制作国:イギリス
制作年度:2016年
上映時間:90分
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:
マンディ・ムーア
クレア・ホルト
サンティアゴ・セグーラ
ヤニ・ゲルマン
マシュー・モディーン

感想

個人的面白さ:5/10

予想を裏切ってくれた

姉妹2人がバカンス中にサメに襲われる話ですね。

サメ映画といえば男女6人組が、バカンス中にサメに襲われてどんどん死んでいくっていうストーリーが定番ですが、

この作品では姉妹2人でどうにか生き延びる為に頑張っていくっていう面白さがあります。


飽きさせない工夫としてガンガン人が死なせたり、


グロさで頑張ったりしていないのは良いところだと思います!


サメ映画でも特に変にグロさに頼らず、物語で勝負しているところは好印象でした。


ジャンルはホラーですが、アクションもあり、サスペンス要素もあり、また90分というちょうど良さもあり、すっと観れました。


主人公の姉妹は基本的にどちらかが頑張っていると、片方が沈黙しがちなのはバランスが取れていて良いと思います(笑)

海底47メートルって聞いたときに

「海底47メートル」ってどうですか?

「あんまり深そうじゃないよね」


そう思いますよね?(笑)


でも実際はめちゃ深くて怖いんですよ。



この映画で言いたいのは、47メートルって深いですよって言うことです。


自分はいったことないけど。(笑)



ラストは正直胸糞な展開でしたが、窒素吸いすぎると幻覚が見えるよっていう伏線回収を、最後に回収する感じでした。



途中から、「あっこれ水中版のゼロ・グラビティだな」って思っていたので、似たラストを想像していましたが、見事に裏切られました(笑)



あとは、船の人から「1時間待っていろ」というのであれば、そのまま1時間待てばいいんじゃない?って思いますが、どうなんでしょうか(笑)


元々、Hulu作品で期待せずに見ましたが、面白かったです!


他の人にも、ギリギリ進められます!(笑)


これはブラックジョークですね(/・ω・)/(笑)

まとめ

繰り返しになりますが、海底47メートルは意外と深いんですよって話でした(笑)

画像出典元: https://eiga.com/movie/86190/photo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です